06≪ 2014/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-07-07 (Mon)
ご無沙汰しております。
かれこれ半年ぶりの更新です。

歌は未だお休み中。
今はダンスのレッスンに励んでおります。


さて、本日の本題。
過日、外苑前のワタリウム美術館で開催中の「ルドルフ・シュタイナー展 天使の国」に行って来ました。
シュタイナー_8.23


きっかけは、ネットの何かでたまたま目にした記事。
ルドルフ・シュタイナーがどんな人なのかはよく知らず、その記事にあった「ヒトラーがもっとも危険な男として恐れた」
ということだけの予備知識。

今回の展示について、一応調べたところ、
「オーストリア(現クロアチア)出身の思想家、ルドルフ・シュタイナーの展覧会。ゲーテ研究者、教育者としても知られるシュタイナーが、講義の際に聴講者に図示するために、チョークを用いて描いた神秘的な黒板絵、哲学のもとにデザインされた家具やランプ、装飾品などの写真や模型のほか、坂口恭平やオラファー・エリアソンといった、シュタイナーに影響を受けた現代美術家たちの作品も紹介。20世紀美術に多大な影響を与えたシュタイナーの頭のなかを辿る。」
Time Out Tokyoより)

わかるようで、よくわからない。

実際の展示。
講義の際に用いたという黒板絵が全体のほぼ半数近いボリューム。
絵に対して一枚ずつ、講義でシュタイナーが述べたことが添えられているのだけど、これがまた難解。
でも、絵は不思議とダイナミックで忘れがたい。
例えば、こんな。ふと、パウル・クレーの素描を思い出した。
ルドルフ・シュタイナー 月と地球


シュタイナー

壁には、シュタイナーの言葉がいくつか書かれている。
印象に残ったのは
「新しい人間を迎える女性は、月になります」
「リンゴや桃のようなおいしい果実は、惑星の働きを受けて実ります」
といった、割と平易な言葉の文だったけれども。


黒板画の他には、シュタイナーが建築した「ゲーテヌアム」という建物や、
彼がデザインしたアクセサリー、家具などの展示もありました。
pendanto.jpg

2f_740.jpg
(ここまで展示品等の写真はワタリウム美術館サイトより)

アクセサリー、他にも素敵な指輪がたくさんあったのだけど、どれもシトリンやアクアマリン、アメジストといった天然石が
施された美しいもの。
ストーンの意味も、きっと考えてデザインされたのだろう。
椅子は背もたれが水晶クラスターの形。

quartz-cluster_2493879.jpg(参考・水晶クラスター)


シュタイナーが唱えた「人智学」というものがどんなものか、正直よくわからない。
でも、なんとなく、ぼんやりと私なり解釈で思ったのは、

「人間も地球も宇宙そのもの」

みたいなこと、だろうか。

パワーストーンが好きなのも、何となくぼんやり占いを信じてることも、
気圧が低くて頭と体が重くなることも、
化学調味料よりも天然・自然のものが美味しいと感じることも、
女性の体の周期と気分がリンクすることも

それらはつまり、人間も宇宙で、地球の産物だからだとしたら。

そうかもしれないと思ったら、自分の中でバラバラしていたものが少し纏まったような気がした。


この展示を観に行った翌朝から丸一日、なぜか急に出た発熱で、一日寝込んでしまったのですが。
日頃の疲れが原因だろうと思いつつも、どうもシュタイナーのせいのように思えてならない。
何の覆いも無く展示してあるものばかりだったから、何らかの気を受け取ってても不思議ではないし。
強烈な彼の思想が、何かを浄化しようとした結果の、解毒作用で発熱したんじゃないか?
そんな風に思ってます。

会期中は何度でも入れるパスポート制なので、再訪しようかなと思います。
スポンサーサイト
| アート鑑賞記 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。