10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-06-06 (Thu)
最近、今さらながらフレッド・アステアにハマり、毎晩DVDをまとめて観ています。
タップダンサーのくせに、アステアをロクに観ていなかったなんて!と自分でも思いますが、現実目の前に素晴らしい先生たちがいて、その踊りを見ていると、意外とそれで満足しちゃうものなんですよね…。


アステアを観ながら、どうしても自分は女性なので、相手役の女優にも注目するわけですが、「この人みたいに踊りたい!」と思う人はなかなか居ないのです。
というよりも、私はそもそも「アイドル」を持たない、もしくは持てない性格らしいのです。


歌い手として「あなたのアイドルシンガーは?」と訊かれることがよくありますが、私はほとんど答えられないのです。
強いて言えばブロッサム・ディアリーかなぁ…と思わなくもないし、そういえばジャズだけを歌っていた頃はよくコピーもしたし、レパートリーも彼女のアルバムからの選曲が多かった。

でも、いつの頃からか、目指すべきアイドルはいなくなりました。
何というか、参考にはするんですけど、目指さない。


参考にするから、マネしてもみます。
好きな歌手はもちろんたくさんいるし、好きなテイクも然り。
でも、いつの間にかイメージの中から「モノホン」の人たちは消えます。


これって何なんでしょうね。
究極のナルシストなんでしょうか?
自分大好きだから?


アイドルがいないことで、自分のナルっぷりが露呈するような気がして、少し恥ずかしいし、気まずいのです。
でも、ホントのことだから仕方ない。


だから、自分が目指すものへの不安に駆られることがあります。
お手本が無い。
なりたい自分の像がうまく結べなくなると、途端に自信がなくなってしまうのです。



そして、今、少しその「自信のなさ」が顔を出しそうな気がして、だからこんな文章を書いているのかもしれません。

どうして歌ってるのか?
どうして踊ってるのか?

でも、その答えは師匠に貰ってたんだっけ。
一字一句まで覚えてないけど、確かこんな感じ。

「歌ってると、ごくたまにすごく美しいものに出会えることがあって、それが忘れられなくて、またそれを見たくて、やめることができない」


アイドルはいないけど、芸事の神様のことは信じてる私。
真摯に取り組めば、またその「美しいもの」に出会えると信じて。
スポンサーサイト
| つれづれ | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。