06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-09-15 (Tue)
ちょっと更新が遅れちゃいましたが、先週9日は大塚エスペトブラジルでライブでした。

来てくださった皆さん、本当にありがとうございます。

自分の中には毎回ライブの度に悩みや葛藤があって、それをいかにプラスのエネルギーに変換していくかが鍵だと思っているけれど、私の精神は浮いたり沈んだり随分忙しくて(笑)なかなか気持ちを纏められないのでした。

でも今回はライブ全編では初共演のタケカズさんのギターに随分助けられました。
弾むグルーブは私の中の何かを引き出してくれて、お互いを感じながら音を奏で、その時の相手の呼吸に合わせて変化していく…そんな基本的だけど大切な、「音楽の片鱗」がチラリと見えたような気がしました。


昔から大切にしてきた日本語のポップスも、歌えて良かった。
ボサノバではないけれど、本当はとても大切にしてきた歌を、これからも少しずつ歌えればいいなと思うのです。
10代の頃聴いてきた歌ってやっぱり何か特別で、その頃思っていた大人の恋への憧れとか、いろんな気持ちが重なっているような気がするのからでしょうか。
実際に大人になって、あの頃の憧れが現実でないことを知ってもなお、そんな気持ちを思い出させてくれる「青春のポップス」たち。
こっそり、宝物を見せるように歌えたらいいな。


次回のエスペトは12/10(木)、やはり山崎岳一さんとご一緒します。
もう、クリスマスが近い時期なんですね…どんな曲を歌おうかな。楽しみです。
スポンサーサイト
| ライブ後記 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。