08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-03-12 (Fri)

ご無沙汰しております。
更新がすっかりお留守になってしまいました。
色々と環境や周囲の人々の変化に戸惑ったり悩んだりしながら過ごしているうちに、気付くといつの間にか春がそこまで来ているような。
今日は用を済ませた帰り道、満開の寒桜を見ることができました。

誰にだって春は来るのでしょうけど、私にはどんな春が訪れるのか...


「誰にだって春は来るから」というフレーズは私のオリジナルではなく、大好きなピアニストかつ作曲家の村松健さんの曲名です。
かれこれ20年近く追いかけている村松さんのサウンドは、歌詞もないのに季節感と情景が鮮やかに広がってくるのですが、印象的なタイトルも特徴です。
明るく弾むようなサウンドの中に、どこか励ましてくれるような優しさがあって、大好きな曲。
季節の色が明確に表れた村松さんのアルバムは、それぞれの季節に合ったものを聴きたくなりますが、いまぴったりなのは「誰にだって~」が収録された『ひかりの春』でしょう。
ひかりの春ひかりの春
(1996/02/21)
村松健

商品詳細を見る


村松さんのサウンドの大きな特徴の一つに「日本らしさ」は欠かせない要素です。
このひとの音楽はジャンル分けしづらいのですが、日本のわらべうたのような懐かしさがあって、それがとても胸に響くのです。

日本の季節感とか、日本人ならではの機微とか、そういうものに最近は心が惹かれます。
その流れ...かどうかは自分でもよくわからないのですが、日本語の歌、というのも昨年後半あたりから気になるテーマの一つです。

決して有名な曲でなくても、思春期にたくさん聴いてきたポップスにも私のルーツはきっとあって、そういものを少しずつ辿っていけたらと思うのです。


今月末のライブは何を歌おうかな?
日本語の歌も入れられるかしら?
春風にのせて、爽やかなライブができたら、と思いながら明日はリハに行ってきます!

ライブ詳細です。

3/25(木)
大塚エスペトブラジル   
http://espetobrasil.hp.infoseek.co.jp/
19:30 start 2セット
○ライブレストランですので途中入退場はお気軽にどうぞ!

charge¥1500+要オーダー

with 山崎岳一(7弦ギター)

スポンサーサイト
| つれづれ | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。